So-net無料ブログ作成
検索選択

マネパカードVSJTB Money T Global 比較 [マネパカード]

マネパカードのような海外で使えるプリペイドカードとしてJTB Money T Globalというカードもあります。

どのような違いがあるか比較してみたいと思います[晴れ]

a1180_010914.jpg

海外でどのロゴマークのATMでお金を下ろせますか?

マネパカードはマスターカードのロゴマークのあるATMでお金を下ろすことができます。

マスターカードのロゴが付いたATMは世界で210か国以上の国や地域にある250万台以上もあります。

JTB Money T GlobalはVisaのロゴマークのあるATMでお金を下ろすことができます。

Visaのロゴの付いたATMは世界で200か国以上の国や地域にある200万台以上あります。

マネパカードのマスターカードの方が使えるATMの方が少し多いイメージですね。

カード発行手数料は?

マネパカードはカード発行手数料は無料です。

JTB Money T Globalはカード発行手数料が通常540円です。(2015年3月31日までは無料)

通常時ずっと無料なのはマネパカードのようです。

為替手数料は?

マネパカードの為替手数料は約0.8%です。

JTB Money T Globalの為替手数料は4%です。

やはりマネパカードの手数料は安いですね。

では10万円程度のショッピングや飲食店で利用したときは手数料はいくらでしょうか?

マネパカード  100,000円×0.008=800円

JTB Money T Global  100,000×0.04=4,000円

→マネパカードを利用すると4,000円-800円=3,200円もお得です!

家族での旅行や海外出張での利用、海外で買付のための仕入れなど様々な使い方で100万円ぐらい利用した場合には、なんとマネパカードであれば32,000円もお得なのです。

100万円のうち3万円って結構大きい割合を占めていると思いませんか?

そこそこ良いグレードのホテルもう一泊できてしまうぐらいですよね!

海外プリペイドカードの使い方がほぼ一緒なのであれば、手数料の面でダントツに安いマネパカードを使うのが賢いと思います[ぴかぴか(新しい)]





共通テーマ:旅行

マネパカードVSNEOMONEY 比較 [マネパカード]

海外プリペイドカードは日本でいくつか発行されているので、どういった違いがあるかについて調べてみたいと思います。

今回はクレディセゾンが発行しているNEOMONEYと比較してみたいと思います[晴れ]

a1180_009139.jpg

どこの会社と提携しているのか?

マネパカードはマスターカードと提携していますので、マスターカードのロゴがある小売店や飲食店などでショッピングやサービスを受けることが可能です。また、ATMもマスターカードのロゴがあるATMで引出を行うことができます。

NEOMONEYはVISAカードと提携していますので、VISAカードのロゴがある小売店や飲食店などでショッピングやサービスを受けることが可能です。ATMはVISAカードのロゴがあるATMで引出を行うことができます。

マスターカードもVISAも大手の国際ブランドですので、海外でお店やATMを探すのに困ることはないでしょう。

カード発行手数料は?

マネパカードとNEOMONEYの両カードともに無料です。

また、口座を持っていることでかかる口座維持手数料も無料です。

ですので、簡単に口座を開設できて、口座を持つことは気軽に行うことができるでしょう。

為替手数料は?

マネパカードは約0.8%です。

NEOMONEYは5%となっています

これは大きい違いだと思いました。他のサービスや作りやすさが同じであれば、できるだけ安いものがいいですよね。

例えばなんですが、10万円のお買いものをしたとします。

でマネパカードかNEOMONEYを使うと仮定すると・・・。

マネパカードの手数料としてかかる費用は、

100,000×0.008=800円

800円の手数料です。

一方NEOMONEYの手数料としてかかる費用は

100,000×0.05=5000円

5000円の手数料です。

な、なんと5000円-800円=4200円もの差があるのです。

マネパカードの方が4200円もお得なのです。

4200円海外では十分2人分の食事代になりますよね。大きいです。

これ積もり積もれば凄いんですが・・・

ショッピングとかエステとか食事代とかで合計で100万円ほど利用したら

4万2000円もの差がでてしまうのです!

大きい・・・大きすぎると思いませんか・・・




共通テーマ:仕事

マネパカードの口コミは? [マネパカード]

マネパカードはとっても便利なカードであることは分かったのですが、実際の口コミはどうなんでしょうか?


では見て行ってみましょう

「子供の高校の修学旅行で海外に行くことになったときにクレジットカードを持っていなかったためにマネパカードを持たせることができて助かった。」

「急な出張が1か月後に迫っていたので、サブカードとしてマネパカードをもっていくことにした。すぐにマネパカードを作ることができ、またサブカードを持っていくことでお金が足りなくなるという不安もなく海外出張も安心だった」

「いつもクレジットカードで大きな買い物をしていたが、マネパカードを作ったことにより手数料がとても安くなった。ほしい服がもう一着海外で買うことができ、とてもうれしい!」

「クレジットカードだと後から請求がくるので、旅行後に決済がきて足りなくなることや驚くことがあったが、マネパカードにしてからは先に入金した分だけしか買い物をしないので、無駄に買いすぎることもなくなり良かった。旅行が好きでまた行くつもりなので円高の時にチャージして行こうと思います。」

a1180_013940.jpg

さまざまな口コミを聞いてみると、やっぱりマネパカードは便利な点が多いですね。大人だけでなく、高校生にも多くの現金を持たせて海外に行かせたりするのは危険ですもんね。

最近は海外留学も多いことから、マネパカードを持たせていくのもいいかもしれないです

絶対にあってはならないものの、もしトラブルに巻き込まれたときに24時間対応の日本語サポートがあるということは大きな安心になりますよ。

マネパカードは手数料が安いだけでなく、精神的に日本とは勝手が違う海外に行くときの安心材料として持っていくのはいいのかもしれません。特にお金のことは、いざというときになかなか他人には頼れません。ご自身で対応できるようにマネパカードを持つのは重要なポイントになりますよ。




共通テーマ:仕事

マネパカードを一番お得に使う方法 [マネパカード]

マネパカードがクレジットカードの手数料が半分程度だということは書いてきましたが、いくらぐらいお得なのかということは以下の表を見ていただければわかると思います。

manepa.gif

これはクレジットカードのようにマスターカードの加盟店でショッピングをしたときにマネパカードを使用したときです。

イギリスのお店で使用したときはクレジットカードに比べて手数料が約56%OFF

ヨーロッパのお店で使用したときはクレジットカードに比べて手数料が約57%OFF

オーストラリアのお店で使用したときはクレジットカードに比べて手数料が約57%OFF

香港のお店で使用したときはクレジットカードに比べて手数等が約51%OFF

半額以上の手数料が安く6割近く安くなっていますね。

例えばなんですが、イギリスで100万円のお買い物をした場合にはクレジットカードなら約29800円もの手数料がかかるのにもかかわらず、マネパカードなら約16680円安くなって13120円で済みます。


100万円に対して16680円も浮くなんてすごいですよね。

ほしいものや食事を少し豪華にすることもできますし、ホテルをもう一泊、泊まるということも可能になるんですよね!

クレジットカードより手数料が安いので、マスターカード提携のお店や飲食店で使うときはできるだけマネパカードをそのまま使ってくださいね。

マネパカードをATM現金を引き出すときには1回ずつATM手数料がかかりますので、この点は気をつけてください。

ですので、あまりに少額の現金をその都度ATMから引き出すということをしてしまうと、少し損をすることになるので気をつけてくださいね。

ATM手数料は以下のとおりかかります。

USD・・・2USD/回

EUR・・・1.75EUR/回

GBP・・・1.5GBP/回

AUD・・・2.5AUD/回

HKD・・・20HKD/回

しかし、最近はATMでわざわざお金をおろして使うということの方が少なくなってきているのかもしれません。

結構1回毎の手数料がかかりますね。

最近は海外でクレジットカードの使用できるお店ばかりなので、一番お得に使おうと思えば、ATMで現金を引き出して使うのではなく、支払のときにマネパカードをそのまま提示してつかう方法がベストです!

そうすれば手数料が一番かからずどの支払方法よりもお得に安く使えます。




共通テーマ:旅行

もしマネパカードの残高が足りなくなってしまったら・・・? [マネパカード]

現地で一番困るのは思ったより出費があった場合です。日本でマネパカードをチャージしたのに、現地でお金がもっと必要になったらどうすればいいのでしょうか?残高が0になってしまったら焦ってしまいますよね!

または、メインで持っているクレジットカードの利用可能額を超えてしまったら、どうすればいいのでしょうか?

大丈夫です!マネパカードならいつでも追加入金をすることが可能です。

海外に滞在していてもご自身の前もって作っておいたインターネットバンキングの銀行口座からマネパカードの会員サイトの口座に入金そして、両替をすることが可能です。

インターネット接続ができれば、いつでもどこでも残高を増やすことが可能なので、海外でも安心です。

ただし、両替ができる時間帯が決まっています。日本時間で月曜日から金曜日の8:00から23:45の間でしか行うことができません。

ですので、念のためにインターネットバンキングのパスワードのカードなどを海外で仕事やプライベートで行くときに持参することが良いでしょう!

マネパカードの残高の清算について

海外出張をするビジネスマン

海外出張の時に便利なのは、あらかじめ両替のときにレートが固定されますので、経費精算の段階で非常に明瞭に計算できる点です。

クレジットカードの場合は、その使用ごとのレートで請求されますので、清算が煩雑になっていることが多いでしょう

また、マネパカードを海外の店舗で使用した際の受け取るレシートは領収書として使えるので、会社への報告も楽になります。

家族・友達同士の旅行でマネパカードを一緒に使った場合

家族旅行や友達との卒業旅行で海外に行った場合にお金を支払うときにまとめてマネパカードを使用することがあると思います。

割り勘などお互いに負担しなければならない金額を清算するときに為替レートが、支払ごとに違ったら、日本円でいくらなのかがよく分かりませんよね?

この時はマネパカードは大変便利です。

自分でマネパカードの会員サイトで入金後に両替をした為替レートで換算されているので、はっきりと金額を割り勘することができます!





共通テーマ:仕事

マネパカードはクレジットのカードのように使えます。 [マネパカード]

海外に行くとき、クレジットカードを持って行くのならどのカードを持って行きますか?

過去に私はJCBのカードを持って行ってしまい使えないという経験をしました[雨]

日本だとほぼJCBのカードって使えますが、海外ではVISAやマスターカードが主流なんです・・・。



マネパカードはなんとマスターカードの提携店で使えますから安心してください!マスターカードを使える小売店や飲食店は海外にはたくさんあります。

マスターカードの加盟店は世界約3810万店です。

海外に行ってから持参したクレジットカードが使えなくて支払ができないということはありません。

マネパカードなら海外で支払に困るということはありません

マネパカードは現地のATMで現金を下ろすだけではなく、クレジットカードのように使うことができるのです。

マネパカードをクレジットカードのような使い方をする方法

マスターカードのロゴがあるお店でショッピングをしました。

そのお店の店員さんにカードを渡し、「Credit?or Debit?」と聞かれたら、「credit」と答えましょう。

購入金額を確認してお店の店員さんが提示した、ピンパッドにてご自身が設定した暗証番号の4ケタを入力し、クレジット明細書を受け取り完了です。

img_guide_oversea03.gif

クレジットカードのように使えるマネパカードはどんな通貨が使えるのでしょうか?

マネパカードにチャージできるのは米ドルユーロ・ポンド・オーストラリアドル・香港ドルです。

もし上の5通貨以外の国では使えるんでしょうか?

これ以外の通貨のときは、米ドルをチャージしておけば、マスターカードのレートで自動的に換算されて使用できます。

マネパカードは対応の幅が広く安心です。

メインカードとしてクレジットカードを使われている方もマネパカードをサブカードとして携帯していくことも安心につながりますので、おすすめいたします。





共通テーマ:仕事

マネパカードVS海外銀行口座 メリット・デメリット [マネパカード]

海外銀行口座をもっていることとマネパカードを持つことのそれぞれのメリットはなんなのでしょうか?

海外銀行口座を持つ場合

メリット

残高に対して利息がつく

ATMから引出の際に手数料が安い

その銀行の金融商品も購入することが可能

デメリット

口座開設が難しいことがある。(審査や語学の面も含めて)

同じ国に何度も行く場合には良いが、出張で様々な国に行く場合には使いづらい

口座の維持手数料がかかる場合がある。



マネパカード

メリット

与信審査がなく、マネパカードを作りやすい

口座維持手数料などがかからない

日本語対応のサポートデスクが24H365日ある

基本5通貨に対応しており、さまざまな国への出張にも役にたつ

デメリット

利息がつかない

以上の点で比べてみると、同じ国に移住する予定がある方は海外口座がいいと思います。

しかし日本で住んでられる方のほとんどはマネパカードの方が利用しやすいです。

短期間の出張や様々な国に行く予定がある方はマネパカードが持ちやすく大変重宝すると思います。出張だけでなく、お休みで海外旅行にも使えるので、すぐに旅行に行くことはなくても、一応口座開設をしておいても損はないですね。





共通テーマ:仕事

マネパカードは与信審査がありません!つくりやすい! [マネパカード]

金融口座開設には、その種類によりますけど個人情報を色々書かないといけないですね。
マネパカードは与信審査がなく、webの申し込みの入力も約5分で終わります(*^^*)
 クレジットカードだと、年収などの申し込み時に細かな審査があったり、個人情報がセンターで登録されたりと少し面倒なのですが、マネパカードはそういったものはありません。
年収を書くのって躊躇しますもんね。 



通常審査があるカードを作るときは、審査完了までに時間がかかってしまいますが、マネパカードはその審査の時間が短縮されます。 

 割と海外にいくのがぎりぎりに決まることが旅行の予定が近づいているときは、審査もなくクレジットカードよりは早くできるので重宝しますね^^

なので、マネパカードを作りたい人はほぼ作れます。

img_about_index02.jpg
そんな簡単に作れるなんてどんな会社が主催しているのかなって気になりますよね? 

マネパカードはどこの会社なのかな?と気になった方もいると思います。
マネパカードはマネーパートナーズという老舗のFXの会社で信用もある会社の発行です
FXの会社は為替のプロだから、手数料が安くなるんですね☆

カードの有効期限は5年と長めです。
もし、使わない外貨の残高があっても外貨から円の両替手数料は無料です!

安心してチャージできますね。




共通テーマ:仕事

マネパカードの発行にかかる時間は?最短期間 [マネパカード]

海外出張以外にも長期休暇には海外に行かれる方もいらっしゃるかもしれませんね^^

旅行の予定がある方は、使う旅行の前にマネパカードができるかどうかが非常に気になるところだと思います。



前にお伝えしたように、まずはプリペイドなのでカードにお金をチャージしないといけません。

プリペイドとは先に入金する方法です。

後で必ず便利なので、インターネットバンキングは1口座あるといいと思います[ぴかぴか(新しい)]インターネットバンキングの開設に時間がかかるので、持ってない方は前もってインターネットバンキングの口座を開設することをおすすめします。

マネパカード開設はインターネットからの申し込みのみです。

申し込みの方法

流れとしては申し込みの時に本人確認書類のアップロードをwebでします。

一番簡単な方法はスマホや携帯カメラで、運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票のいずれか一つの画像をアップロードします。

申し込みから約10日ほどでカードが書留で届きます

そのカードが届く前に口座開設通知がきますので、インターネットで会員サイトにアクセスできるので、入金、両替が終わっていれば、カードの到着後すぐに使用が可能です。

ということで約10日程度の余裕をもってカードを作るのがいいでしょう。





共通テーマ:マネー

海外での盗難のときは・・・トラブル編 [マネパカード] [マネパカード]

今年の3月ごろでしょうか、アメックスのトラベラーズチェックの新規販売が廃止されてしまったのは。

学生の頃はクレジットカードも持てずにいたので、トラベラーズチェックを購入して旅行に出かけた経験があるので、なんだかトラベラーズチェックがなくなってしまうなんて少しさみしいような、懐かしいようなそんな気分になります。



今振り返ってみると、やっぱり海外で現金はたくさん持っていくのは盗難の恐れもあったのでトラベラーズチェックに頼るしかなかったんですよね。トラベラーズチェックは自分のサインが証明となっていて、盗難にあっても使用されにくいとかそんな感じだったと思うのですが・・・、使用時にはパスポートも必要だったので、買い物のたびにパスポートを携帯しなければいけないという矛盾もあったのですが・・・[目]

その時にマネパカードみたいなのがあれば絶対に便利だったと思います

a1180_001143.jpg

質問:マネパカードももちろん盗難や紛失の恐れがありますが、そんなときはどうすればいいのでしょうか?

答え:その時点ですぐにサポートデスクに連絡してください。その連絡時点の残高を補償してくれます。

サポートデスクは24時間365日受け付けていますし、日本語の対応なので安心できます。

また、インターネット接続環境にあれば自分で会員サイトから利用停止をすること可能です。自分ですぐに対応することができるのは便利です。海外でも今はインターネットに接続できる場所はかなり多いですから、こちらの方がおすすめです。

この自分で止めることができるのは非常に便利な機能だと思います。サポートデスクへの連絡は気持ちが焦っているときは、慌ててしまうときもありますもんね。

ということは、盗難に気付かずに使用されていた場合はその分は補償されないのでご注意を。

そんなの気づかないかもしれないよ。と思われた方・・・ちゃんとマネパカードを使用した時は登録したメールに使用の度にお知らせが来ますからチェックすることが可能なのです!

マネパカードはICカードなので、偽造がしにくく、情報も盗まれにくい点も良いです。

機能として、マネパカードで買った商品が購入から30日以内に紛失、破損、盗難にあった場合も総額50万円まで補償するというカードショッピング保険もついています。





共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。