So-net無料ブログ作成
検索選択

マネパカードVSJTB Money T Global 比較 [マネパカード]

マネパカードのような海外で使えるプリペイドカードとしてJTB Money T Globalというカードもあります。

どのような違いがあるか比較してみたいと思います[晴れ]

a1180_010914.jpg

海外でどのロゴマークのATMでお金を下ろせますか?

マネパカードはマスターカードのロゴマークのあるATMでお金を下ろすことができます。

マスターカードのロゴが付いたATMは世界で210か国以上の国や地域にある250万台以上もあります。

JTB Money T GlobalはVisaのロゴマークのあるATMでお金を下ろすことができます。

Visaのロゴの付いたATMは世界で200か国以上の国や地域にある200万台以上あります。

マネパカードのマスターカードの方が使えるATMの方が少し多いイメージですね。

カード発行手数料は?

マネパカードはカード発行手数料は無料です。

JTB Money T Globalはカード発行手数料が通常540円です。(2015年3月31日までは無料)

通常時ずっと無料なのはマネパカードのようです。

為替手数料は?

マネパカードの為替手数料は約0.8%です。

JTB Money T Globalの為替手数料は4%です。

やはりマネパカードの手数料は安いですね。

では10万円程度のショッピングや飲食店で利用したときは手数料はいくらでしょうか?

マネパカード  100,000円×0.008=800円

JTB Money T Global  100,000×0.04=4,000円

→マネパカードを利用すると4,000円-800円=3,200円もお得です!

家族での旅行や海外出張での利用、海外で買付のための仕入れなど様々な使い方で100万円ぐらい利用した場合には、なんとマネパカードであれば32,000円もお得なのです。

100万円のうち3万円って結構大きい割合を占めていると思いませんか?

そこそこ良いグレードのホテルもう一泊できてしまうぐらいですよね!

海外プリペイドカードの使い方がほぼ一緒なのであれば、手数料の面でダントツに安いマネパカードを使うのが賢いと思います[ぴかぴか(新しい)]





共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。