So-net無料ブログ作成
検索選択

マネパカードVSNEOMONEY 比較 [マネパカード]

海外プリペイドカードは日本でいくつか発行されているので、どういった違いがあるかについて調べてみたいと思います。

今回はクレディセゾンが発行しているNEOMONEYと比較してみたいと思います[晴れ]

a1180_009139.jpg

どこの会社と提携しているのか?

マネパカードはマスターカードと提携していますので、マスターカードのロゴがある小売店や飲食店などでショッピングやサービスを受けることが可能です。また、ATMもマスターカードのロゴがあるATMで引出を行うことができます。

NEOMONEYはVISAカードと提携していますので、VISAカードのロゴがある小売店や飲食店などでショッピングやサービスを受けることが可能です。ATMはVISAカードのロゴがあるATMで引出を行うことができます。

マスターカードもVISAも大手の国際ブランドですので、海外でお店やATMを探すのに困ることはないでしょう。

カード発行手数料は?

マネパカードとNEOMONEYの両カードともに無料です。

また、口座を持っていることでかかる口座維持手数料も無料です。

ですので、簡単に口座を開設できて、口座を持つことは気軽に行うことができるでしょう。

為替手数料は?

マネパカードは約0.8%です。

NEOMONEYは5%となっています

これは大きい違いだと思いました。他のサービスや作りやすさが同じであれば、できるだけ安いものがいいですよね。

例えばなんですが、10万円のお買いものをしたとします。

でマネパカードかNEOMONEYを使うと仮定すると・・・。

マネパカードの手数料としてかかる費用は、

100,000×0.008=800円

800円の手数料です。

一方NEOMONEYの手数料としてかかる費用は

100,000×0.05=5000円

5000円の手数料です。

な、なんと5000円-800円=4200円もの差があるのです。

マネパカードの方が4200円もお得なのです。

4200円海外では十分2人分の食事代になりますよね。大きいです。

これ積もり積もれば凄いんですが・・・

ショッピングとかエステとか食事代とかで合計で100万円ほど利用したら

4万2000円もの差がでてしまうのです!

大きい・・・大きすぎると思いませんか・・・



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。