So-net無料ブログ作成

マネパカードVS海外銀行口座 メリット・デメリット [マネパカード]

海外銀行口座をもっていることとマネパカードを持つことのそれぞれのメリットはなんなのでしょうか?

海外銀行口座を持つ場合

メリット

残高に対して利息がつく

ATMから引出の際に手数料が安い

その銀行の金融商品も購入することが可能

デメリット

口座開設が難しいことがある。(審査や語学の面も含めて)

同じ国に何度も行く場合には良いが、出張で様々な国に行く場合には使いづらい

口座の維持手数料がかかる場合がある。



マネパカード

メリット

与信審査がなく、マネパカードを作りやすい

口座維持手数料などがかからない

日本語対応のサポートデスクが24H365日ある

基本5通貨に対応しており、さまざまな国への出張にも役にたつ

デメリット

利息がつかない

以上の点で比べてみると、同じ国に移住する予定がある方は海外口座がいいと思います。

しかし日本で住んでられる方のほとんどはマネパカードの方が利用しやすいです。

短期間の出張や様々な国に行く予定がある方はマネパカードが持ちやすく大変重宝すると思います。出張だけでなく、お休みで海外旅行にも使えるので、すぐに旅行に行くことはなくても、一応口座開設をしておいても損はないですね。





共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。